セブンシーズ パブリックスペースとスイートルームの詳細を公開

写真:©Regent Seven Seas Cruises Reveals
リージェント・セブンシーズ・クルーズから、2020年にデビューを飾るセブンシーズ・スプレンダーのパブリックスペースとスイートルーム全10タイプの詳細が公開されました。

セブンシーズ・スプレンダーの第4デッキと第5デッキには姉妹船セブンシーズ・エクスプローラーでも好評のコンセプトがスタイルを変えて取り入れられており、大階段はメインダイニング「コンパスローズ」のエントランスに面しており、荘厳な雰囲気の中、ゲストが迎えられる場所です。

人気の「コーヒーコネクション」は船の左舷に移動し、新たにオープンエアのシーティングエリアを設置。海風の中、ペーストリーと共に自分好みで入れられるカスタムコーヒーを味わうことができます。アジア料理レストラン「パシフィックリム」も左舷にあり、レセプションエリアからレストランのセンターにある彫刻を眺めることができます。

壮麗なパブリックスペースに加え、セブンシーズ・スプレンダーのスイートは全375室。広さは初心者向けに29㎡のベランダスイートから贅を尽くした413㎡のリージェントスイートまで。それぞれのスイートはカテゴリーごとに特徴ある設えで、ゆったりとリラックスできるスペースづくりのため細部にまで至れり尽くせりのデザインです。クルーズ業界最大であるスイートは設備も万全。すべてにプライベートバルコニー付です。

取材の問合せ先
株式会社フレア 岡部昭子
E-mail: ao@flairjapan.com

ルートアンドパートナーズでは、富裕層向けクルーズの調査などをはじめ、各種富裕層マーケティングを手がけています。詳しくは、ルートアンドパートナーズ 富裕層向けクルーズ担当者へお問合せください。

関連記事

  1. 日本にクルーズ文化を

  2. リージェント セブンシーズ クルーズ、富裕層向けに最新クルーズ船「セブンシーズ スプレンダー」で洗練された食体験を提供

  3. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  4. 熱海市500人規模のクルーズ船誘致のため港湾エリアを整備

  5. セブンシーズ・マリナー 全船改修によりデザイン一新

  6. 神戸港 豪華客船の入港に合わせて客船フェスタを開催