富裕層クルーズ需要旺盛続く

ここ数年日本におけるクルーズ旅行を楽しむ富裕層が増えてきているというのが当社の実感だ。実際当社にも様々な情報が日々集まってきている。

8月28日、ミキ・ツーリスト(セレブリティクルーズの日本総代理店)が、都内で旅行会社やメディア向けの説明会をおこなった。内容は2019年の日本発着クルーズや2018年末にデビューが予定されている新しいクルーズ船「セレブリティ・エッジ」の紹介だ。

日本発着クルーズでは途中乗下船のプランを新たに用意。また超富裕層向けブランド「アザマラクルーズ」による日本発着クルーズも実施する。また、「セレブリティ・エッジ」のデビューによって、カリブ海、ヨーロッパ、アラスカ、ガラパゴス島など様々な富裕層のニーズに応えるクルーズプランが充実する。海外だけでなく、セレブリティ・ミレニアムによる「日本の景勝地」を巡るクルーズも実施される。たとえば9月22日横浜発の10泊11日のクルーズでは、天橋立、兼六園、厳島神社などを訪れる。

クルーズの充実に合わせて、ミキ・ツーリスト日本人富裕層向けのクルーズの販売を強化していく考えだ。

 

当社ではこのような情報や、当社独自の知見などから日本国内の富裕層ビジネスの注目動向を取りまとめたレポート「富裕層マーケティング資料(マーケティングレポート)総合研究所」を毎月販売しています。詳細は下記販売サイトをご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. ICMがザ・リッツカールトン ヨットコレクション取扱いを開始

  2. 金沢港クルーズ船誘致へ欧州最大の見本市に単独出展

  3. モダンな豪華客船「アラヌイ5」の2019年のクルーズ販売開始

  4. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  5. アクア・メコンの魅力、リバークルーズの醍醐味

  6. 神戸港 豪華客船の入港に合わせて客船フェスタを開催