富裕層向けボートの本命レクサスボート2019年にお目見え

写真:©TOYOTA / LY650
今春行われたボートショーで、トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」で初となるボートの商品が発表されたが、その概要が少しずつ見えてきた。商品名は「LY650」となる見通しで、2019年後半に世界公開する予定だという。従来、トヨタといえば「ポーナム」のブランドでやっていたが、富裕層からの声を受けてトヨタのボート開発の技術とレクサスのデザイン力を融合させて開発している。

LY650は曲線的なデザインや高級感のある内装が特徴だ。
全長が約20メートル、全幅は約5.7メートルとなる見通し。客室数は3部屋で最大で15人が乗れるという。19年秋以降の米国販売を皮切りに、20年春には日本でも販売を始める予定だ。価格は未定だが、富裕層を対象にした価格帯となり数億円になるとみられている。公開された写真は、ポーナムのフォルムに似ているようにも思えるが、高級感のある塗装はさすがレクサスと唸ってしまう。

参照:日本経済新聞

トヨタは2017年1月にLY650のコンセプトヨットを発表し、18年3月には発売時期を明らかにしていた。トヨタは1997年からボートを開発・生産し、国内で900隻近くを販売してきた。既にファンの多いトヨタのノウハウに、レクサスのデザイン力という不可価値がつく。今後も、概要が分かり次第、追って報告していく。

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層向けラグジュアリーホテルブランドがクルーズ事業に参入、その勝算は?

  2. 極上、アクアクルーズ! AMAZON ADVENTURE with AQUA

  3. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  4. ヤマハ発動機やスズキ、マリン事業で大型・高級化

  5. 訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

  6. 豪華客船の一室を我が家に レジデンス型豪華客船「The World」